事故車買取専門店の「はなまる」と「タウ」を比較検証!

事故車と女性

自走不能になった不動車などを中心に事故車の買取を専門に行っている「はなまる」と「タウ」はPR活動も活発な企業で実際に事故車を売却するならどちらが良いのか?信用できるのか?と、お悩みの方も多いようですね。

というわけで、今回は事故車買取専門店の「はなまる」と「タウ」をいろいろな視点で比較しちゃいます。

はなまるとタウの比較一覧

はなまる  タウ
創業 1998年 1997年
企業理念

“事故車買取り”事業を通して今まで廃車にするしかなかったお車を少しでも再利用することにより、事故車オーナー様の精神的及び金銭的ご負担を軽減すると同時に、産業廃棄物を減少させ地球環境保全に貢献していく事

価値があるのに不要とされるモノたちを、必要な人へとつなげる。また、生活者それぞれがモノを大切にする価値観を持ち、お互いがもつモノの価値観を享受しあう。そんな循環型社会の礎をタウが担っていきます

年間取扱車両 58000台 85000台
累計取扱台数 230000台 675000台
対応エリア 全国対応 全国対応
海外ネットワーク 23か国(8278社) 110か国以上(60000社以上)
強み 自社でネットオークションを展開しているので国内、国外問わず数多く中古車販売業者や解体屋に安定したアプローチができるので高価買取しやすい。 世界110か国以上の60000社以上の販売ルートを持っていることで世界からのあらゆる需要があり、高額での事故車買取を実現している。
特徴 ・国内拠点が全国に数多く点在しているので最寄の拠点からスピーディーな対応が可能。 ・事故車売却シミュレーターですぐに査定額の目安がわかる。
見積もり依頼でT-POINT200ポイントが付与。
ローン中の車の売却 可能 残債清算後、所有権解除の手続きが必要
レッカー代金 無料 無料
出張査定費 無料 無料

事故車の買い取りシェア的にはタウが圧倒している感じですね。

はなまるは買取った事故車をオークションの入札形式で売却するので高値が付きやすいというメリットがあり、タウは海外のネットワークの多さでどんな事故車も買い取ることができるという強みがあります。

ですが気になるのは、なんといってもどっちが高く事故車を買取してくれるのかってことですよね。

ということで、買取金額の実績を調べてみます。

「はなまる」と「タウ」の事故車買取額の比較

アルファード(トヨタ)で買取額を比較

はなまる

H28年式
買取金額 1,220,000円

タウ

H26年式
買取金額 670,000円

プリウス(トヨタ)で買取額を比較

はなまる

H29年式
買取金額 490,000円

タウ

H25年式
買取金額 900,000円

セレナ(日産)で買取額を比較

はなまる

H29年式
買取金額 600,000円

タウ

H27年式
買取金額 830,000円

N BOXカスタム(ホンダ)で買取額を比較

はなまる

H29年式
買取金額 1,120,000円

タウ

25年式
買取金額 400,000円

BMW 320i で買取額を比較

はなまる

H25年式
買取金額 1,100,000円

タウ

H17年式
買取金額 310,000円

※年式や事故の状態、走行距離、オプションパーツなど不透明なところが多い情報ですがおおよその目安として参考にしてみてください。

まとめ

事故車買取専門店の「はなまる」と「タウ」を比較してみましたが、事故車買取の査定額がどちらが高くなるかについては正直どっちがいいとは言いきれないでしょう。

はなまる、タウともに口コミや評判を調査してみた結果も含めて、どちらの企業も顧客対応やサポートがしっかりしている事故車買取専門店ということがうかがえますので査定依頼するのはアリですね。

高額査定を狙うなら両方に査定を申し込んでみるというのもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする