事故車になると査定額はどのくらい下がるのか?

誰もが望んでいない車での事故による車への損傷。

修理代金が高額になり過ぎて、車の買い替えを余儀なくされるケースもありますよね。

今回は事故車での査定額がどのくらい下がるのかを調べています。

骨格部分を損傷した事故車は大きく査定が下がる

事故車

車の査定でのチェックポイントとして事故歴はかなり大きな要素であるのは容易に想像がつきますよね。

では車を買取している業者はどういった着眼点をもって査定するのでしょうか?

事故車の査定での最大のチェックポイントは修復歴車かどうか?

事故車といっても小さな事故から大きな事故とさまざまなケースによって車に損傷が発生しています。

自動車業界では事故車のことを「修復歴車」と定義していて、車の骨格部分の修理や交換をしている車のみを対象にしているんですね。

事故車と修復歴車の定義や違いについてはこちらのページで詳しく解説しています。

>>事故車と修復歴車の違い

事故車の査定でのポイントはまずこの骨格部分に損傷、修復歴、交換歴がないのかということになります。

この修復歴があるのかないのかで、事故車の査定がどのくらい下がるのかというと、損傷の程度には寄りますが10万円以上は査定額が下がると覚悟した方がいいでしょう。

ちなみに骨格部分以外の修理や交換などは修復歴車として扱われないので査定での減額はそこまで大きくはない傾向にあるようです。

骨格部分以外が損傷している事故車の査定額はどのくらい下がるのか?

では、実際に査定でチェックされるポイントをいくつか挙げてみますね。

事故での損傷内容  査定額の減額目安
車体下部の擦り傷 0~1万円
バンパーのキズやへこみ 1~3万円
ヘッドライトカバーが割れている 1~3万円
ボディの塗装より深いキズ 1~3万円
修復塗装の状態が良くない 5~10万円
車検非対応の改造品での修復 5~10万円

ざっくりとですが事故によるダメージで査定がどのくらい下がるのかの目安にしてくださいね。

事故車の査定はどのくらい下がるのか?よりもいかに高く買ってくれるか?が勝負

販売員

事故車を売却するときに事故による減額査定を大きくされたくないという気持ちは誰にでもありますよね。

でも、どのくらい下がるのか?ということの裏を返せば高く売却できれば良いということでもあるわけですよね。

仮に事故車としての減額が大きくてもです。

つまり、事故車の査定がどのくらい下がるのか?ではなく、事故車の査定をより高くするということが重要なわけですね。

事故車の査定を高くする方法

事故車の査定を高くするには高く査定してくれる業者さんを探すことが確実です。

適当な1社に査定してもらい、その道のプロである査定員に査定額の交渉をしても気持ちばかりの査定アップしか望めないでしょう。

それよりも複数の買取業者さんに査定してもらって、その中から選ぶという方法が確実なんですね。

複数の買取業者さんへの査定を依頼するなら一括査定が有名ですね。

こちらは人気が高く査定額も評判のよい一括査定です。参考にしてみてくださいね。

1位 カーセンサー

公式サイトはこちら

一括査定サイトの「カーセンサー」は業界再大手の東証一部上場企業の「リクルート」の運営なので安心。

一括査定ではダントツの最大30社に見積り依頼が可能。

カーセンサーの特徴

☑申込みは3分で終了
☑提携している買取業者は600社以上なのでダントツ!
☑買取業者に高く売るための情報などの情報が豊富

≫≫公式サイトはこちら≪≪

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

運営会社はJASDAQ上場企業グループ会社の株式会社ウェブクルーで利用者の実績が充実しておりサポートが手厚いのが魅力の一括査定サイト。

ズバット車買取比較では最大10社の見積り比較が可能です。

ズバット車買取比較の特徴

申し込みは約1分
全国200社以上が加盟してい
利用者数は100万人以上の実績
カスタマーサポートがあるので初心者にも安心

≫≫公式サイトはこちら≪≪

3位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

東証一部上場企業の株式会社エーチームのグループ企業で提携買取業者が安心できる日本自動車流通研究所(JADRI)の会員企業のみ。

かんたん車査定ガイドでは最大10社の見積り比較が可能。

かんたん車査定ガイドの特徴

☑45秒で簡単入力
☑ディーラー下取りとの差額の平均が17万円も
☑提携買取店はJADRI加盟の優良企業

≫≫公式サイトはこちら≪≪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする