ハイエースは事故車買取市場でも高く売れるからこそ慎重に!

商用車としても乗用車としても人気の高いトヨタのハイエースですが、中古車市場でもかなり人気が高いんですよね。

ハイエース事故車

さらにハイエースは事故車でも売り方さえ間違えなければ高値がちゃんとつきます。

今回はその理由や高く売る方法などをご紹介します。

ハイエースの市場価値

ハイエースは1967年から販売開始され、見た目からもわかるその積載量の大きさと耐久性に優れること、エンジンのパワーがあることなどから長くトヨタの人気車種として君臨しています。

日産のキャラバンがライバルだなんてよく言われていますが、個人的な意見ですが、ハイエースの市場に敵はいないといっていいでしょう。

ハイエースは種類も多く、ガソリン車とディーゼル車がありますが中古車の買取ではディーゼルの方が高値がつきやすいですね。

ディーゼル車の方が人気が高い理由としてハイエースのディーゼル車はもともと新車での販売価格がガソリン車よりも30万~50万円高いという理由ももちろんあります。

ですが、本当の理由はやはり実用性の部分です。

ガソリン車と比較したときにパワーと加速が違うことや、軽油なのでガス代も安いことがあげられます。

ちなみにハイエースは燃費が優れているのか?というと燃費として考えればそこまでいいものとは正直言えないでしょう。

年式や駆動方式にもよりますが、だいたい1Lで5~9キロといったところですからね。

やはり、ハイエースは広い室内空間、衝突に対する高い安全性といった強い耐久性がやはり魅力の車といえますね。

そこに市場価値があるといえるでしょう。

ハイエースは海外での評価も高く需要大

事故車海外販路

ハイエースは日本のみならず海外でも評価が非常に高く人気のある車です。

とくに東南アジアや中東で人気があり、使う用途は商用車も実用車もあるのですが大量に人や物が運べること、そして人気の1番の理由はタフな耐久性です。

発展途上国での車の乗り方は購入したら乗り潰すのが基本的な乗り方で、買い替えるといった概念はほぼ皆無です。

つまり、1度しか買えないわけですから、走行距離が30万キロ、50万キロと超えてもしっかり現役で走行できる耐久性を持つハイエースですから海外需要が高いのもうなづけますね。

ハイエースは盗難事故が1番多い車

実はハイエースは自動車盗難事故でワースト1位を7年連続でとっています。

ハイエースの海外需要が高すぎて自動車窃盗団による日本国内での盗難と密輸出が後を絶たないそうです。

ちなみにハイエースの中でもバンの最上級グレードの「スーパーGL」が、最も盗難確率が高いみたいですね。

それくらい海外から欲しがられている車ということなのです。

ハイエースの事故車買取市場でのニーズは?

評判、クチコミ

ハイエースの事故車買取市場で外してはいけないのがやはり海外のマーケットです。

ハイエースがなぜ事故車でも高く買取されるのかというと、まず、ハイエースが海外に流通している数が多いということがあげられます。

どういうことかというと、流通量が多ければそれだけ修理するハイエースも多いというわけです。

つまり、ハイエースの部品やパーツを欲しがる業者がたくさんいるということなんです。

「部品やパーツ」これがひとつめのニーズです。

ふたつめに海外では事故歴があっても修理代が日本よりも安価です。ですから修理して乗るというニーズもあるんですね。

そもそも海外では日本のように事故歴をあまり気にしません。

ですから、買取業者は事故車や修復車でも海外に売却する流通経路をもっている買取業者が高く査定してくれる確率が高いですね。

ハイエースを高く買取してもらう方法

事故歴アリでも走行可能なハイエース

もし、ハイエースに事故歴はあるが走行可能な状態の場合には国内需要も十分見込めますので、1社だけでなく数社に見積もりをとってもらい比較して売却するのいいですね。

車買取をするときの基本的なことなのですが1社にだけに査定をお願いしてその買取業者の言った値段で売却するのはあまりにも安易です。

たった1社しか見積もりを依頼しないと、その業者の見積もりがあなたのハイエースの価値になってしまいます。

しかし、本当はもっと価値があるのかもしれないわけですから、査定は1社にとどまらず複数社にお願いするべきなのです。

もしお時間があまりないのであればネットで依頼ができて、無料で簡単な一括査定を利用するという方法もあります。

1位 カーセンサー

公式サイトはこちら

一括査定サイトの「カーセンサー」は業界再大手の東証一部上場企業の「リクルート」の運営です。

最大30社に見積り依頼が可能。

カーセンサーの特徴

☑申し込み後に買取業者が表記され選択可能
☑提携している買取業者は1000社以上なのでダントツ!
☑買取業者に高く売るための情報などの情報が豊富

≫≫公式サイトはこちら≪≪

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

サポートが手厚いのが魅力の一括査定サイト。

最大10社の見積り比較

ズバット車買取比較の特徴

☑申し込み後に相場もわかるので業者の高い安いの判断材料に
利用者数は100万人以上の実績
カスタマーサポートがあるので初心者にも安心

≫≫公式サイトはこちら≪≪

3位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

提携買取業者が日本自動車流通研究所(JADRI)の会員企業のみで安心感が抜群。

最大10社の見積り比較が可能。

かんたん車査定ガイドの特徴

☑申し込み1秒後に相場がすぐにわかる
☑ディーラー下取りとの差額実績の平均が16万円
☑提携買取店はJADRI加盟の優良企業

≫≫公式サイトはこちら≪≪

事故で全損車両となったハイエース

たとえ動かなくなってもハイエースを高く売る方法はあります。

それは不動車でも買取をしている事故車専門の買取業者に査定してもらうという方法です。

このときに忘れちゃいけないポイントなのが海外への流通ルートのチェックですね。

その点で事故車買取専門店のタウは出張査定が無料で世界の100か国以上に流通ネットワークをもっていますので狙い目です。

関連記事:事故車買取タウの評判は?

まとめ

ハイエースは事故車でも需要が高いために、高価買取価格を狙えます。

ただ、実際に査定してもらって提示された金額に値がついたと一喜一憂するのはまだ早いです。

一括査定での見積もりでは安い査定の業者と高い査定の業者では10~30万円以上の差額があると思いますので、1社だけの見積もりはくれぐれも避けたいところです。

たとえ事故がひどくて廃車を検討している場合でもハイエースの部品やパーツに価値がしっかりありますから、0円査定はまずないはずです。

しっかり納得のいく買取価格まであきらめず複数社にも見積もりを依頼していくことでハイエースの買取価格が最大化しますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする